太陽の味

  • 2011.02.12 Saturday
  • 23:51



久々のグルメ紹介です。安城市小川町にある「農家レストラン&ショップ太陽の味」。安城市内の農家の方3人が共同で「自分たちが作ったものを自分たちで販売する」とのコンセプトの基、昨年9月にオープンさせたお店です。

東端町で米・小麦・大豆・チンゲン菜など県下全農家の中でもトップの生産高を揚げ、安城の風物詩となっている「田んぼアート」の中心リーダーでもある杉浦豊さんが案内してくれました。

生産→加工→販売と第1次産業、2次産業、3次産業を足して第6次産業という新たな産業振興が政府で検討されていると聞きますが、地元で栽培される採れたての食材がダイレクトに消費者の口に運ばれる新しい自産自消への試みに拍手です◎


【「農家の野菜たっぷりランチ」(1000円)】

少しお値段が張りますが、ボリューム満点のお奨めメンニューです。自慢は自家製うどん。地元の畑からとれた小麦を使い店内の製麺所で毎日製麺していて、おつゆも化学調味料を使わず昔ながらの方法でだしをとっているそうです。腰の強い麺の歯ごたえが病み付きになりそうです。

レストランの手前には地元野菜を直売するショップがあり沢山の野菜が並んでいます。

場所は安城市南東部、小川町岩根前付近、道路沿いの黄色い旗が目印です。

危険なお酒...

  • 2011.01.03 Monday
  • 15:22
昨日今日、家内と自分の実家を行き来し、正月の集まりを終えました。

年末に購入した変り種のお酒を紹介します。

その名も「純米生酒 濁 Nigo 2nd」(ニゴセカンドと呼びます)。安城の老舗、神杉酒造さんが毎年この時期に新酒で出している珍種の生酒です。

ネーミングのとおり、醪(もろみ)を荒ごししてできた滓(おり)がたっぷり詰まっている濁り酒で、栓を慎重に開けないと発酵による炭酸ガスが勢いよく飛び出てくるので、ふきんを用意しておかないといけないとても危険なお酒です。(*^^*)

お酒は飲み方によって“危険なお酒”となってしまいます。

おとそ気分は三が日までですが、お正月は、お酒との付き合い方を考える機会でもあります。



壷中庵さん

  • 2010.08.01 Sunday
  • 22:41
8月1日(日)。暑い一月が始まりました。

夕方、地元、高棚にある和菓子屋さん「壷中庵」(三河発【至福のグルメ探訪】よりリンク掲載はコチラ)に高1の娘と二人で涼みに行ってきました。

娘はわらび餅と抹茶のセット(700円)を。私は夏の名物「雪茶」のカキ氷(700円)をオーダーしました。

場所は23号線高棚井池インター交差点角で、パチンコ「ファンダース」の北隣にあり、ちょっと分り辛いですが、隠れ家的なひっそりとした佇まいです。ご家族・カップルでどうぞ◎

DVC00098.jpg
【人気メニュー「雪茶」】

DVC00094.jpg
【カフェの隣の庭園】

PS:最近のつぶやきはコチラ(*^^*)

たいのたい

  • 2010.05.19 Wednesday
  • 22:43
DVC00087.jpg
【鯛の鯛?】

これって魚?

どんな魚にも喉仏あたりにこんな骨があるそうで、魚の身を丁寧に食べると出現するようです。

鯛は大きな魚なのでこんな風に目立つみたいで、財布の中にこの骨を入れておくとお金が貯まるそうです。

いやはや、48年生きていて初めて知った目から鱗(?)の世界でした◎

グリーンアスパラ

  • 2010.05.03 Monday
  • 23:50
DVC00005.jpg

実家の畑で成りました。この時期、一日に4〜5僂録びるので小まめに摘まないといけません。

こいつは、流石に固くて先っぽしか食せませんね〜f^_^;

加ト八さん

  • 2010.04.12 Monday
  • 22:13

6時から有志3人の組み合わせで久々の会食に。場所は桜町の県税事務所西側の店舗一角にある「加ト八」です。(詳細はコチラ

昨年末に一度おじゃまし、今回、幹事役だったのでこのお店を予約してみました。

魚や天ぷらのメニューが充実していて、今日は足助から届いたという「たらの芽」を揚げて食べさせてくれました。美味しかったですよ◎

DVC00105.jpg
【二人だけで切り盛りしている兄妹】

お兄さんの正人さんが26歳。妹さんは23歳。常滑出身だそうです。「加ト正」ではなくて何故「加ト八」なのかは、想像どおり末広がりの「八」にこだわったからだそうです。(^_^)

「安城の若い人達が、自分達の店に来てくれたら嬉しいです」と大将の正人さん。店を開いて約半年。安城に店を構え頑張っている兄妹に心から応援をしたくなります。料理の内容もかなりお値打ちでボリュームもあって和食通にはお勧めです。

今日は週始めの月曜日。

一刻者の焼酎720mlのボトルを余らせて、3人の会食は早めにお開きとなりました。

お酒が生きています!

  • 2009.12.18 Friday
  • 21:39
DVC00096.jpg
【神杉酒造「純米生酒 濁 2nd」】

東高校の一つ上の杉本先輩が社長を務める安城の神杉酒造さん。創業204年の老舗です。(HPはコチラ

先日郵送されてきた特売カタログの中から、このお酒を晩酌用に注文しました。以前、同窓会役員会の時に杉本社長が持参され、舌がピリピリ来るこのお酒にカルチャーショックを覚え、初めて注文してみたのです。

蓋を開けてみると勢いよく泡が吹き出してくるので、蓋を少しずつ開けては閉めて、何度も試みてやっと落ち着きました(汗)。確かにチラシにあるとおり「危険なお酒」です(笑)。

今日はハナキン。家でのんびりチビチビ飲ります。

石川屋さん

  • 2009.11.26 Thursday
  • 21:33
DVC00009.jpg
【右側が石川重弘オーナー・左側が福田チーフ】

南安城に、『とんちゃん石川屋』が明日オープンします。(株式会社オリンズのサイトと石川屋の場所はコチラ

オーナーの重ちゃんとは、また従兄弟の関係で兄貴と同級生です。27年前、高棚オリンズ1号店を立ち上げて以来、このお店が8店舗目の出店です。オリンズ1号店オープンから大学の2年間バイトしていた頃が懐かしいな。

今日の関係者向けプレオープンでは、ホルモン焼きやモツ鍋、各種お肉を炭火の七輪で美味しく戴いて来ました。帰り際に、ガソリンスタンドの山ちゃん(重ちゃんと同級生)が来店しました。あの頃、山ちゃんはオリンズでイタスパ作りの名人でした。

明日から一週間、生ビール(中)が一杯100円とのことです。みなさん、一度立ち寄ってみてくださいね。

今日も抜けるようなブルー・スカイが空一杯広がっていました・・・

玉響(たまゆら)さん

  • 2009.09.27 Sunday
  • 20:57
DVC00056.jpg
【「玉響」高浜店】

高浜中部公園西隣の玉響にランチに行きました。

DVC00059.jpg
【定番、竹燻製麺の大盛り】

二日酔いの明けでも不思議と身体が受け付ける不思議なラーメンです。塩味ぽいのにこってり感もどことなくあって店内は年配の方が比較的多い落ち着いたラーメン屋さんです。

箸の包みにはこう書かれています。

「拉麺(らーめん)の理(ことわり)」
さっぱり こってり まったり 三つの「り」が仲良くなって はんなり と味になり

スッポン鍋

  • 2009.09.22 Tuesday
  • 23:01
9月4日のブログに載せたスッポンを食す会があり、11人でスッポン鍋を賞味しました。2匹のスッポンは2週間前に見ていたので何となく残酷で申し訳ない気持ちながらも生き血から全身の肉までしっかり食させてもらいました。食感は若鶏のようでした。

DVC00084.jpg
【甲羅の内側にコラーゲンたっぷりのゼラチンが】

DVC00086.jpg
【頭の部分】

残酷な姿ですが、オークスのサラブレッド馬が覆面で顔を被っているみたいです。

食べ残すことなく、濃厚なスープの一滴も残さないで完食しました。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

counter (since'07/6/30)

無料カウンター

twitter (click roman type)

wether

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM