沢山のお祝いメッセージありがとうございます!

  • 2013.05.11 Saturday
  • 15:08


Facebookにたくさんのお祝いメッセージを本当にありがとうございます!

ウォールとメッセージ、ひとつ一つのお言葉を拝見し、胸が一杯になると同時に、言い尽くせない感謝の気持ちが込み上げて来ます。

お一人お一人にお礼を申し上げるのが本意ですが、これをもってお礼に変えさせていただきたいと思います。

写真は実家の80になる父親と81の母親が畑で育てたイチゴで、昨日我が家に届けてくれたものです。

家庭菜園なので見てくれも悪く、所々虫にやられた跡がありますが、僕には世界一甘い味がします。

この歳になって両親が健在であること、そして、家族が健康でいてくれて、一緒に日々を暮らせて居られること、今日は、そのことを当たり前のこととせず、生んでくれたこと、育ててくれたこと、暮らせていることを感謝する日なのかなと思います。

51になりました。

人生がもし一世紀あるとするならば、後半に入ったことになります。

最近思うことのひとつに、何事も51%は楽しむこと、それが仕事や使命で、やらなければならない義務的なことでも、苦しいこと、辛いことだとしても、同じやるなら半分以上は楽しみ感を覚えたいと、そんな思いを強くしています。

51になったら51%は楽しむ(笑)。

奇跡によって与えられた人生、そして、出逢えた不思議… 豊かな人生を歩むためにも楽しむ気持ちを持ち続けたいと思います。

長くなりました…

これからも地域を愛し、人を愛し、困っている人に手を差し伸べ、頑張ろうとしている人を応援する、そんな自分で在りたいと思います。

「勤勉で 明るく 楽しく たくましく」

これからもよろしくお願いします。

退任される所長さん

  • 2013.03.29 Friday
  • 14:30


石井町にあるアグリライフ支援センターに本日をもって退任される所長さんを訪ねました。

所長さんとは会社の総務部で用地取得担当をしていた時からのお付き合いで、4年前、市の企画部長を定年退職され、引き続きここアグリライフ支援センターの新規事業立ち上げを担われました。

このセンターではこれまで延べ240名の市民が家庭菜園カリキュラムを受講され約8割の方々が市民農園等を利用し農ある暮らしを実践されています。

施設を地域行事として開放したり、療育センター障がい児の芋掘り体験などコミュニティや福祉にも貢献され、今では他県から視察に訪れる団体が年々増えるまでの事業に成長させました。

行政機関において産みの苦しみは並大抵なことではありません。でも、この人は常にハートで仕事される方で、僕も耳が痛くなるような助言を頂戴したこともありますが、人を包み込む懐の広さに未だに多くの職員さんが相談に訪れているようです。

長きに渡る職務を終え、畑で土を耕し、種をまき、収穫に感謝する、自然に囲まれた生活に胸がわくわくしていると笑顔でお話しされていました。

本当にお疲れ様でございました!

落合博満氏の講演

  • 2012.10.24 Wednesday
  • 18:04


会社の役員部課長および協力企業経営者向けの経営講演会がありました。

講師は前中日ドラゴンズ監督落合博満氏で「今だから話そう 人の育て方、強いチームの作り方」と題して1時間40分に渡り自らの体験談を交え上に立つ者の心得について語られました。

その内容は自分にとってどれも身につまされる気づきであり、賢明、緻密、情熱、人情を垣間見ることができる言葉のひとつひとつはすっと腹に落ちてきました。

その中で特に印象的だった言葉を備忘録として以下列記します。

・自分をさらけ出す勇気を持つ
・部下を褒めないまでも落とし込むのだけは止めて欲しい
・上司は部下を最後まで守り切る責任を負う
・相手を見極めて経験談、経験則を語る
・困った時は過去の歴史を紐解くとヒントが見つかる
・苦しい先にも楽しみがあることを発見する
・自分が楽するために時間をかけて人を育てる
・上司こそ組織の一員であることに有り難みをもつ
・全ての人が自分を理解することは不可能、ひとりでも分かってくれる人に語りかけてみる

折しもクライマックスシリーズで逆転負けを喫した今季のドラゴンズ。
今日、権藤投手コーチが1シーズン限りで退団するとのニュース。

前監督の「岩瀬の眉毛まで抜かんでくれ」の悲痛な言葉が静かな会場に虚しく響いていました。

セミナーの備忘録

  • 2012.08.10 Friday
  • 18:55
知り合いの女性からオススメだと案内され、豊川市での美容業界主催の自己啓発セミナーに参加してきました。

講師は元より、会場内の受講者は僕ともう一人の男性以外は全て女性、女性、女性…

講演の中で以下のように印象に残ったセンテンスがありました。

1.目標があること
?個人的目標
?仕事上の目標
?生き方の目標
…朝夕の音読で成功体質に変える

2.具体的な行動の仕方
?燃えている(意欲)
?積極的態度・心構え
?すべての源は自分(人のせいにしない)
?代価を払う(するべきことはする)
?継続は力(信念)
?信頼・感謝(人と力を合わせる)
?コミットメント(自分自身との約束)
…これらの全てが揃って目標は達成される

3.その他の気づき
・感謝・希望?不満・絶望
・潜在能力は素直な人に引き出される
・可能性を自分で閉ざさない
・人を好きになる人は成功しやすい
・自分の為ではなく誰か(家族、伴侶、子供等)の為に頑張る
・10年後のステキに輝く私のイメージ

そこで、すかさず、その場でテキストに次の目標を書きました。

【自分の目標】
・個人的目標…目標とされる人になる(仕事と趣味の両立)
・仕事上の目標…信頼される仕事人になる(勤勉で明るく楽しく逞しく)
・生き方の目標…楽しくて楽しくて仕方ない毎日にする(気力が漲る毎日に)

それにしても、これだけの前向きな女性の集まりというのは初めてでした。

昨日のすずめの学校で、ある長老から「女の人たちがどんどんキレイになって、男たちの背中が自信に漲れば世の中は絶対に良くなる」と聞きました。

さあ、目標に向かって今日から頑張ろう。

アルピニスト野口健氏講演備忘録

  • 2012.06.17 Sunday
  • 12:38

安城市文化センターで開催されたアイシン労組主催の講演会、活動家(アルピニスト)野口健氏の「目標実現するための仲間とのコミュニケーションについて」を聴きました。

非常に共感できる話があり、以下、会場でスマホに打ち込んだメモの貼り付けですが内容を列挙します。


ヒマラヤや富士山での環境保護活動などをしていて思うことは自然相手なのに社会に向き合っているということ

しなくてもいいことを何故やらなければならないのかと言われる

自分が正しいと思っていること、自分が正義だと行動していることが全ての人に正しく正義だとは限らない、だから人間社会は面白い

自然を相手にする環境活動は色んな立場になると違ってくる、相手は人間社会ということに気づく

シンドイな…みんなとの社会をどうにかしたいという活動だから非難されても夢があって楽しい。何とかしようと頑張れる

環境の環は人と人の環。賛同の環が拡がり富士山の五合目まではほぼゴミが無くなった

現場に行くと観てしまう。観る、知ると背負ってしまう。感じたことが行動になる。現場の大切さをつくづ感じる

外交官の父親、ODAは外交カードなのに子供の自分に事業の是非を問うた。世の中は全て二面ある。B面を観ろ。見えるものと見えないもの。富士山で起きていたことは日本で起きていたB面

活動を通した後に初めて本質的な活動が始まる。走りながら感じてまた走る

コンプレックスとの闘い。やるのも怖い、やめるのも怖い、どっちも怖いならやろう…エベレストへの再挑戦

再度の失敗、挫折。何をもって成功で何をもって失敗なのか。若さ、勢い、運もある

成功と失敗は紙一重、基準は自分

日本兵の遺骨収集活動は過去と向き合う活動ではなく未来の日本社会に向き合う活動

10年後も何処かの現場で何かをやっていると思う

祝☆乾杯!

  • 2012.01.09 Monday
  • 16:19
 
久々のブログアップです。

本日、安城市では平成24年の成人式が行われました。

議員になって5回目の成人式への参加。

毎回思うのは、自分の成人式の時がどうだったかほとんど記憶が無いということ(汗)。

まあ、そんなものかもしれませんが...

そんな僕が、新成人のみなさんに今伝えたいことは、カッコいい大人になっていってもらいたいってことです。

自分の反省も含めてですが...

カッコよさにも色々あるけど、華やかなカッコよさを掴める人はほんの一握り。むしろ目立たなくても、ひたむきで一生懸命な人がカッコいいと僕は思います。

今日からは、「アレがないコレがない」ではなくて「アレもあるコレもある」、「○○だから出来ない」ではなくて「○○だから出来る」って大人になって欲しいと思います。

心の隅にふるさとを想う、仲間を想う、カッコいい大人になっていってください。

成人を迎えられたみなさんに心から乾杯!

名言集まとめ

  • 2011.10.11 Tuesday
  • 22:56

幻のCM

  • 2011.10.09 Sunday
  • 11:19


先日、鹿児島で開催された全国都市問題会議に出席し、JR九州唐池社長さんから直接このCMの経緯を伺う機会がありました。

震災発生による自粛ムードでTVCM放映されたのは3日間限りでしたが、その後心ある人がYouTubuに投稿し、震災復興に向けた応援CMとして多くの人々に共感を与えているそうです。

人と人が繋がり元気なニッポンを造っていく、そんな勇気をもらえます。

「手を振ってくれてありがとう」「笑ってくれてありがとう」「ひとつになってくれてありがとう」「これからもずっとみなさんと走っていきます」

感動のCMで
す!


プチ記念日

  • 2011.06.23 Thursday
  • 22:58


今夜は寝苦しそうな夜です。

最近、このブログをさぼり気味で、ご訪問くださる皆様には申し訳なく思っています。

お知らせのとおり、twitterで日々の出来事をつぶやき、Facebookでいろんな方とリアルタイムで交流しています。

実は、そのtwitterが昨日で1周年となり、ちょっとした記念日なのです^^; これからも情報発信や情報収集に努めてまいりますのでよろしくお願いします。

twitterのブログ版であるtwilogはコチラ

「洋七流人脈づくりのヒケツ」備忘録

  • 2011.06.19 Sunday
  • 15:26

アイシン労組主催の自己啓発講演会に妻と一緒に参加しました。

講演は、幼少の頃祖母からの影響を受けた自らの体験を全国各地で語り歩いている島田洋七さんでした。

以下が、僕が印象に残った備忘録です。

◆人は、人が仕事をする“後ろ姿”を見る(正面の姿は繕われている)

◆国会議員は“嘘をつく”からダメ(嘘はダメ)

◆戦後のどん底から国を復興した“お年寄りの意見”を聴くこと

◆失敗というのは“何もしない”こと(挑戦して挫折することから道は拓かれる)

◆悩まない、人を嫌わない、“全員”に好かれることは無い

◆好い人か好くない人かは、“自分に都合”が好いか好くないかで決まる

◆5万人に嫌われても1人に好かれればいい(それ以外の1億2000万の人は自分のことすら“知らない”)

◆真面目ばかりでは人は動かない(朗らかな“ユーモア”が必要)

◆国はアホだけど恵まれた“日本人”に生まて何が不満があるのか

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

counter (since'07/6/30)

無料カウンター

twitter (click roman type)

wether

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM