アイシン環境学習プログラム

  • 2014.02.03 Monday
  • 13:23
6年目となるアイシン環境プログラム。アイシン・エィ・ダブリュ(株)総務部が主体となって行っている社会貢献活動の一つで、小学校に出向き総合学習の中で環境に関する出前講座を行うものです。

今年度は近隣市含む全13校で実施され、市内では7校にプログラムの提供がなされており、年度末にかけて各校児童たちがこれまでの活動について発表する「エコトークセッション」が繰り広げられます。

本日は安城南部小学校での「エコトークセッション」にお招きいただきました。

4年生3クラスの全児童が3回に渡る体験講座で学んだことを関係者、先生、生徒、保護者に力強く発表しました。

環境に優しい暮らしを実践する人づくりに官民地域一体となって取り組んでいます。




【1/2成人式と同時に開催されました】


【保護者、地域の人たちが見守ります】


【子どもたちはグループに分かれて成果を発表します】


【お礼の挨拶をする人材開発本部副本部長小島参与】


【子どもたちから種のプレゼント】

アイシンプレゼンツ エコトークセッション

  • 2011.02.17 Thursday
  • 23:26

桜井小学校で4年生3クラス104名の子どもたちが昨年春から取り組んだアイシン環境学習プログラムの成果を発表する「エコトークセッション」があって顔を出して来ました。

都合6回の座学、長野県根羽村の間伐体験や矢作川河川での生き物・植物観察などの現場実習、動物・人間の立場から議論した愛シンパシー学習、そして集大成となる今日のエコトークセンション。子どもたちはこれまでの学習成果を授業参観に訪れた親御さんや地域のみなさんに堂々とプレゼンしました。


【みんなで考えて創作したエコアクション宣言】


【アイシンAW上向常務から子ども達に記念品の贈呈】


【一人ひとりがアイデアを出して一人ひとりが実践することを記したエコ宣言集】


【来賓の私たちに子どもたちからパンジーの鉢植えプレゼント】

宣言の中には、大人顔負けの、市政関係者顔負けの感心する提案や提言がありました。

思いを口にして、目標を紙に書く...目標達成に有効な手法です。

素晴らしい子ども達のアクションに自分自身勇気付けられた45分間でした。

水田魚道

  • 2010.11.27 Saturday
  • 16:10

併設した西部福祉センターと西部公民館で今年もふれあいまつりが今日明日の土日で開催されています。その中で、榎前町で実施されている水田魚道のモデルが公民館前に展示されていたので紹介します。


【概要説明】


【半円形コルゲート菅魚道】

堰で遮断された箇所にこの菅を渡すと川上に向かって魚が登っていくそうです。勾配20%でも平気みたいです。


【コルゲート菅のアップ】

互い違いにはめ込まれた板が水流を弱め、小魚でも休み休み遡上できる仕組みです。


【水田生態系ネットワーク再生事業に携わる団体】

県内では9団体、10箇所に水田魚道が設置されているそうです。生物多様性の保全にも大きな貢献を果たしています。

地球を救え!緑の募金

  • 2010.05.17 Monday
  • 14:01
DVC00009.jpg

DVC00020.jpg
【募金呼び掛けのボランティアに参加】

会社は、社団法人愛知県緑化推進委員会(サイトはコチラ)が春と秋の年2回展開している「緑の募金」に全社をあげて協力しています。

今回、総務部が募集した募金呼び掛けのボランティアに応募し、本日、昼休みに本社第1食堂売店横で有志のみなさんとボランティア活動を行い、多くの従業員から募金協力をいただきました。

一人一人の善意が、県内・市内の森林整備や緑化推進に大いに役立ってくれるものと思います。

伝説のスピーチ

  • 2010.04.04 Sunday
  • 22:37

昨日の「いきもの地球会議」の最後、滝川クリステルさんが、持参していたシステム手帳を広げ、1992年にリオデジャネイロで行われたサミットでの12才の少女の伝説のスピーチを聞いたのが「いきもの応援団」をやろうと思ったきっかけだと言いました。

YouTubuで見られると聞き、ようやくその動画を見つけました。もう彼女は30歳になっているのですね。

〔伝説のスピーチ抜粋〕
オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。
死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。
絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。
そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。
どうやって治すのかわからないものを、壊しつづけるのはもうやめてください。


【92年リオデジャネイロ、セヴァン・スズキ氏のスピーチ全容】

平和のシンボル?

  • 2009.11.30 Monday
  • 22:01
DVC00059.jpg
【我が家の2階の軒下隅にハトが巣作りを】

DVC00060.jpg
【いやはや、何と産卵されています】

妻からハトが卵を温めていると聞き、ビックリして確認したところ、いつの間にか巣作りがされ、何と産卵までされています。

この場所は、数年前から度々巣が作られ(一昨年夏のブログはコチラ)、その度に撤去してきたのですが、今回は庭に小枝が落ちていなく、気付く間もなくあっという間の早業でした。

妻が、「帰宅する度に愛らしく卵を抱いている姿が可愛くて今回は産ませてあげようよ」と意外なことを言うので、渋々ながらも見守ることに。

こうなると、いつ頃孵化して雛はどれくらいで巣立つのか色んなことが気になって来ます(笑)。ネットサーフィンをしていたら「鳩よけ・鳩駆除専門」のある業者さんのサイトに行き着き、鳩にまつわる様々な情報が得られました。

鳩は典型的な一夫一婦の鳥だそうで、一生同じ相手と結ばれるそうです。過去に巣作りを断念させた時、やはり番で行動していたことを思い出します。ただ、今回は旦那は見当たりませんが。

鳩は必ず生まれた場所に戻って巣作りを始め、寿命は10年〜20年と比較的長生きの鳥だそうです。ひょっとして、孵化させたら我が家は鳩屋敷になっちゃう?? まっ、その後の対策は次に考えることとし、今回は思いを遂げさせてあげることにしましょう。(^^;)

これも生物多様性の問題か・・・トホホ

カメムシだ!!

  • 2009.11.24 Tuesday
  • 23:18
DVC00002.jpg
【これって??】

DVC00003.jpg
【アップ】

どうやら、カメムシみたいです。我が家に訪れた青臭いお客様。長野県根羽村では、サッシの隙間をかいくぐって進入してくる不思議な生物です。

これも、生物多様性のアンバランスでしょうか・・・

生分解バイオプラスチック

  • 2009.09.28 Monday
  • 18:41
次世代型環境アイテムの現物を見に来ています。プラスチック包装容器やプラゴミ袋がこのアイテムに変わると自然界に帰るため環境に優しいと説明を受けました。

安城市では、来月からゴミ減量20%施策の一環として、ゴミ袋も20%コンパクトにしたゴミ袋がお目見えします。この素材が費用対効果(地球温暖化防止効果を含めて)で、どれだけの価値があるのか試算してみる余地はありますね。

DVC00086.jpg
【水を貯めた灰皿にビニール片を浮かべたら・・・】

DVC00095.jpg
【何もしないのに3分後には水に溶け出しました】

DVC00101.jpg
【園芸用のビニール包み。右側が従来のプラスチック製、左側がバイオプラ製】

水や土に自然に帰るこの素材は中国でポピュラーになっているそうです。とかく温暖化防止に消極的だと言われている中国ですが、日常生活にこのようなアイテムが使用されているとのことです。

ヤモリだ!!

  • 2009.09.16 Wednesday
  • 23:05
DVC00039.jpg
【ん!?なんだ?】

おとといの夜、家の倉庫のサッシに何気なく目をやったら、何やらトカゲのような物体がすりガラスの外側にへばり付いているではありませんか。

DVC00043.jpg
【げげ!!】

近付いて見たら、これってヤモリ? 体調10センチ程でしょうか。観察していると窓に寄って来る虫を素早い動作で食べていました。 足の指が吸盤みたいです。

我が家は、市内でも田舎町にありますが、それにしてもヤモリには初めて出くわしました(汗)。これも生物多様性の変化でしょうか?それともペットの脱走?・・・

*****************************

【ヤモリ】(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

■分布
[編集]
南極大陸を除く全大陸に分布する。 小型種が多いこともあり、漂流物に乗って海洋島に流れ着くなどの広域な分散が行われたと考えられている。有史以後は、貨物に紛れ込んで移動先で定着した例も多いものと考えられている。

■生態
[編集]
森林砂漠などの様々な環境に生息し、民家に生息する種もいる。主に夜行性。威嚇や求愛のために鳴き声を出す種もいる。食性は主に動物食で、昆虫、小型爬虫類、小型哺乳類などを食べるが、果実を食べる種もいる。繁殖形態は主に卵生。主に1回に2個ずつの卵を数回に分けて産む。イシヤモリ亜科には胎生の種もいる。

■人間との関係 [編集]
ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。例外があるものの小型種が多いこと、主に夜行性のため紫外線等の人工の照明が必要ないこと、比較的飼育や繁殖が易しいことから日本での飼育に適した爬虫類として紹介されることもある。しかし垂直壁やガラス面で活動を行い、動きが素早いことから(特に立体的な活動をする種において)メンテナンス中の脱走等には気をつける必要がある。

*****************************

この話題を昨日の現地調査のマイクロバス車中で話したら、総務部長さんが、「ヤモリは『家守り』と書くみたいだから家の守り神だそうだよ」とおっしゃっていました。まぁ縁起物ならいっか。(:^^:)

ー25%

  • 2009.09.08 Tuesday
  • 23:07

今日から議会は常任委員会に入りました。今日は、自分が所属する建設常任委員会でした。

残暑のぶり返しか、日中、各地で猛暑となったようで、多治見では36度を記録したとのこと。台風12号一過で北よりの風が吹いていながら酷暑というのも不思議な感じがしています。

昨日の鳩山代表が発表した温室効果ガス削減目標、「1990年比で2020年までに25%削減」が物議を醸しています。

もともと、民主党マニフェストの項目に、地球温暖化対策の政策目標として「2020年までに25%、2050年までに60%超減」が掲げられており、具体策の中には「地球温暖化対策税」導入の検討も示されており、昨日の発表は、マニフェストの実行を改めて宣言したに他なりません。

家計の負担、企業への影響など政策の実現には多難が予見されますが、先進国と肩を並べた同等の目標値を掲げ、政治主導で地球の危機に是非立ち向かっていって欲しいと思います。

未曾有の大災害や食糧危機、種の絶滅は人類が食い止めなければならない責務であり、後世に美しい地球を引き継がなければならない現世代の使命だと思います。

『トヨタ社長、新政権に期待感 温室ガス削減では「慎重対応」を要求』【産経ニュースよりリンク】http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090908/stt0909082056014-n1.htm

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

counter (since'07/6/30)

無料カウンター

twitter (click roman type)

wether

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM